真の日本精神は世界を変える>調和>日本精神は調和の精神

 日本の心は、「和の精神」です。家庭・国家・世界に共存共栄をもたらし、自然と共生する精神です。真の日本精神は、自然の法則の現れであり、宇宙万物に調和をもたらす理法が働いています。それゆえ世界中どこにもあてはまる精神です。ここに、21世紀の地球に求められる指導理法があります。




 世界に通じる日本の心 
 地球を救う調和の理法 

 大塚寛一総裁は、日本人が古来持ってきた「日本の心」を、日本精神と呼んでいます。日本精神というと、戦前の軍国主義を連想する人もいるかもしれません。しかし、本来の日本精神は、対立闘争の思想ではありません。日本の国が大和(やまと)の国といわれるように、日本精神は、大和(だいわ)の心、和の精神なのです。
 大塚総裁は、「真の日本精神とは、世界精神である」と説いています。総裁は次のように述べています。

 「日本の指導原理は、実に自然の法則にかなっていて、他国に比類なきものである。世の中のものは一見、雑然としていて不自然のように見えるけれども、合理的で、秩序整然とした原則のもとに動いている。

 太陽にしても、月、地球、金星、土星、みな整然とした法則のもとに対立摩擦なく運行している。日の出、日の入り、潮の満干も、昔から少しも変わらない。
 人間もその原則にはずれないようにしてゆくところに、人の歩むべき誠の道がある。その原則を人間生活のうえに当てはめて実行する順序・秩序・法則が日本精神となって現れているのである。ゆえに真の日本精神は日本人だけのものではなく、人間である以上、なんびとも従わねばならない真理天則であり、世界精神なのである」

 真の日本精神とは、狭い民族主義ではなく、自然の法則の現れであり、世界中どこにもあてはまる精神です。そこには、宇宙万物に調和をもたらす理法が働いています。大塚総裁は、次のように説いています。

 「すべて世の中のものは、相反したものが相寄って、そこに真の調和を見出してゆくところに永遠の発展がある」

と。そしてこの万物に共通する調和の原理が自ずと現れたものが、日本精神なのです。

 それゆえ、真の日本精神は、親子や夫婦が調和し、家族一体で生きる心です。また、人々が助け合い、共に成長・発展する生き方です。国家と国民も一体となって繁栄し、他の国々や他の民族と共存共栄するあり方です。また、自然の恵みに感謝し、人と自然が調和する道でもあります。それゆえ、日本精神はどの国、どの時代にも通じる精神であり、人の歩むべき誠の道を示すものと言えましょう。

ページトップへ戻る   次へ